困った!個人輸入② ~注文が保留・キャンセルされた!~

海外通販をサイトで注文できたはずなのにキャンセル・保留!?

アメリカ店舗のサイトから個人輸入しようと、欲しい商品をショッピングカートに入れて支払い方法のページへ移動。

次に、クレジットカード、あるいはペイパルで支払いを確定させて注文を完了させるまでが通常の海外通販。

それ以降はオパスなど転送サービス業者に任せて、商品の到着を待つだけです。

しかし、一度通ったように思われた注文が、後日保留またはキャンセルとなる場合も稀にあります。

このようなメール連絡が来たら、びっくりしたり、心配したり、どう対応すべきなのか混乱する場合もありますよね。

それでは、どうすれば良いのか?という判断材料と行うべきことを明記してみました。

 

海外通販で注文後に何か問題が起きた場合の対応方法

注文後に以下のようなことが起きたら、調べて何が問題なのかを把握しましょう。

・「注文がキャンセルになった」との連絡が来た
・「注文が保留になっている」との連絡が来た
・「追加情報が必要」という連絡が来た
・数日たっても荷物の追跡番号が発行されない


キャンセルや保留の連絡が来た場合

通常、Eメールが店舗から贈られてくると、キャンセルや保留となった理由が説明されることが多いですが、単に「注文が保留になっているから連絡がほしい」というようなメッセージを送ってくるショップもあります。

その場合は、下の文例を使って理由を尋ねてみましょう。

<問い合わせ文例>

Hello Customer service,

Can you tell me why my order#xxxx has been pending?

Thank you.

注文がキャンセルされると取引は単に無効となり、料金は請求されることはないので、返金や請求完了の表示はされません。

その金額をチャージするための承認は無効になるので、ご安心ください。

ただし、どうしても心配な場合は、クレジットカード会社にお問い合わせすることをお勧めします。


「追加情報が必要」という連絡が来た場合

追加情報として、クレジットカードの表裏や身分証明書をFAXかスキャンして送るよう求められることが多いようです。

また、小額請求審査を行っているショップもあります。

小額請求審査とは、ショップが皆さんのクレジットカードに審査目的で、小額(通常3ドル以下)を請求し、その金額をショップに伝えることで、そのクレジットカードは確かに皆さんのカードだということを証明させる審査方法です。通常、その小額は後日カードへ返金されます。

 

数日たっても荷物の追跡番号が発行されない場合

何の連絡もなく注文が保留になっている場合もありますので、追跡番号を確認するまでは注意が必要ですね。

注文状況をEメールかチャットで店舗に問い合わせてみましょう。

<問い合わせ文例>

Hello Customer service,

Can you tell me a status of my order#xxxx?
Has it been shipped yet?

Thank you.

また、店舗からオパスまでの発送をUSPSにした場合、少々注意しなくてはならない点があるので、詳しくはブログ『転送サービス業者が直面しているUSPSの問題とは?』をご覧ください。

 

さて、肝心の対処法です。

対処法① とりあえずショップに問い合わせてみる

まず第一に、ショップに直接詳細をお尋ねください。

特に、注文が保留になっている場合は、注文者からの連絡が入ると、止まっていた注文が動き出す場合があります。

また、英語でどのように連絡を取ってよいのかわからない場合は、ご遠慮なくオパスにご相談ください。

オパス内の住所に発送されたご注文であれば、皆様に代わってショップへ連絡し、注文が通るようお手伝いいたします。(理由によっては解決できない場合もございますので、予めご了承ください。)

 

対処法② 追加情報を送ってみる

上述のように追加情報を要求されている場合は、それらを送ると大抵の場合は解決します。

日本語の身分証明書でもよいのか、と考えてしまうかもしれませんが、 日本の運転免許証が受理された例もあります。

送る前にショップに尋ねてみても良いでしょう。

ただし、身分証明書などをショップに送ってよいかどうかは、皆さん個人のご判断にお任せします。

最近では、追加情報を要望する店舗も多くはないようですが、購入金額が高くなったりすると、そのような場合もまだあるようです。

 

対処法③ オパスの別住所を使って再度注文してみる

メーカーまたはブランドのポリシーにより、転送会社への商品発送を警戒したり、一切を行わないショップがあります。(例:ナイキ、ラルフローレンなど)

そのような理由で注文をキャンセルされた場合のために、オパスでは転送会社として認識されていない「特別住所」をご用意しております。

「特別住所」に関しては、会員サイトのページにある [アカウント情報] に行き、[特別住所希望]をクリックしてメールで取得してください。

各サービス手数料に関しては、各種手数料をご確認ください。 

参照:ブロックリスト~転送会社に商品を送らない店舗~

 

対処方④ オパスのお買い物代行サービスを利用する

オパスが、お客様が欲しい商品の購入からお届けまで全てを請け負うのが『お買い物代行サービス』です。

店舗や注文に何かしらの問題があった場合だけでなく、店舗に直接クレジットカード情報を伝えるのが不安な方や、英語に自信のない方、また日本発行のクレジットカードが使えなかった場合などにもご利用できます。

 

数え切れない程のショップが、それぞれのポリシーをもってオンラインショップを運営しているため、個人輸入に慣れている方でも初めて利用する店舗で新しい経験をすることはあります。

今回ご紹介したようなケースが起こりえる、ということを頭の片隅に置きながら、今後の海外通販をより楽しいものにしてください。

何か困ったことがございましたら、ご遠慮なく『お客様窓口』へご相談ください。

いろいろな対処方法を利用して、会員の皆様の問題が解決できるよう個人輸入をサポートしております。

コメントする