困った!個人輸入① ~海外通販ショップが日本発行クレジットカードが使えない~

アメリカ店舗の海外サイトでクレジットカードエラー

 

日本からアメリカなどの海外通販をより安心して楽しんでいただくために、よく直面しがちな困ったクレジットカードのトラブルやエラーとその対処法を紹介します。

クレジットカードはそれだけで海外でも商品が買える便利なカードですが、重要な情報がある分、取り扱いには十分注意が必要です。

よって、セキュリティもかなりしっかりしています。今では海外サイトのオンラインショッピングを心配する人も少ないですが、万が一何か問題やエラーが発生しても、クレジットカードの良いところは、カード会社に連絡して支払いを止めることができることです。

しかし、せっかくオンラインショッピングを楽しんで、支払いのページに進んでも、持っているクレジットカードを受け付けてくれないとなると、一気に気持ちも落ちますよね。そんな問題も解決方法があるので安心してください。

「こんな問題もあるのか」と事前に知っていれば、実際にその場面に直面しても、あわてず対処できるはず。そういうトラブルを事前に防ぐことができるかもしれません。

 

セキュリティコードとは

 

まずは、セキュリティコードの説明です。支払いのページで、クレジットカード情報を入力しますが、その際、クレジットカードのセキュリティコード入力は海外通販サイトでは必須です。

通常のカード情報を入力後、Security Code、CVV、CVC、Card Verification Number などと支払いページに表示されているので、そこに3~4桁のセキュリティコードを入力します。

クレジットカードのセキュリティコード
クレジットカードの裏側にある数字の3桁、 あるいは下3桁がセキュリティーコード

 

上記のクレジットカードの例としては、裏面の下3桁の数字がセキュリティコードとなります。このセキュリティコードを間違って入力するとエラーとなり、入力したクレジットカード情報を最初から入れ直さないといけないので、気を付けてください。

また、アメリカンエクスプレスカードの場合は、下記の図の通り、クレジットカード表面にある4桁の数字となります。アメックスをご利用の場合は、その点だけ注意してください。

アメリカンエキスプレスカードのセキュリティコード
アメリカンエキスプレスカードのセキュリティコード

 

困った!海外通販店舗が日本発行のクレジットカードを受け付けてくれない

creditcard01-resized-600

 

アメリカの店舗の中には、アメリカ以外の国で発行されたクレジットカードを受け付けないショップが時にあります。また、一部の国のクレジットカードのみ受け付ける、といったポリシーがあるショップもあります。

買い物を予定している店舗が日本で発行されたクレジットカードを受け付けてくれるかどうか、事前に調べておくとストレス無くショッピングができると思います。

 

日本発行のクレジットカードの利用可能かの事前チェック方法

 

多くの場合、国際クレジットカードを受け付けるかどうかは、そのショップのホームページに記載されています。
Customer Service(カスタマーサービス)Frequently Asked Questions(FAQ=良くある質問)などのページを見つけて、その中に記載があるか調べてみましょう。

キーワードは以下の通りです。

・Payment Information(支払い情報)
・International Order(国際注文)
・Payment Method(支払い方法)

 

もし、必要な情報をホームページ上で見つけることができなかったら、Emailやチャットで聞いてみましょう。

アメリカのカスタマーサービスは日本のカスタマーサービスと違い、対応が遅い場合がありますので、Emailで問い合わせをする場合は、気長に待ってみてください。

<問い合わせ文例>

Hello Customer service,

Do you accept credit cards issued in Japan?

Thank you.

 

対処法① ペイパル(PayPal)を利用する

 

ペイパルとは、自分のメールアドレスをIDとし、クレジットカードや銀行口座を紐付けて登録し、カード情報を毎回入力しなくとも利用できるウォレットサービスのことです。無料で登録した後は、IDとパスワードを入力するだけで支払い利用可能。クレジットカード情報を入力するよりもとても簡単です。

PayPal ペイパル

アメリカでは便利なペイパルの使用がかなり盛んです。今では、クレジットカード以外にペイパルを受け付けている店舗がほとんどで、ペイパルしか受け付けないというショップも少なくありません。

その理由として、ペイパルに登録する際、詐欺防止のための審査を通らなければいけないため、ショップ側はペイパル利用に信頼をおいています。また、お買い物する側にとっても、店舗にはカード情報が伝わらないので、クレジットカード情報を盗まれるなど不正利用の心配もありません。

ペイパルによって海外のオンラインショッピングもずいぶん楽しく活用できるようになりました。

 

対処方② お買い物代行サービスを利用する

 

『オパスのお買い物代行サービス』を利用すれば、購入希望商品をオパスに伝えるだけで、注文から発送までオパスが責任を持って行います。オパスへの支払いは日本のクレジットカードを使用できますし、国際送金も利用可能。英注文経過も日本語でご確認いただけるので安心してご利用できます。

また、欲しい商品を見つけたけど、店舗のウェブサイトが英語なので誤解があったら怖い、店舗と英語でやり取りをすることが難しいと思う方も大丈夫。アメリカの店舗での買い物に不安をお持ちの方にもオパスが寄り添ってサポートいたします。

 

対処方③ US Unlocked カードを利用する

 

US Unlocked カードを利用すれば、オパスで取得したアメリカの請求住所を利用することができ、多くのアメリカ店舗でオンラインショッピングを楽しめます。
オパスは US Unlocked Card の運営会社から、提携先の転送業者として正式に認可されており、お買物の際に、お客様のOPAS住所(アメリカ オレゴン州ポートランド)をカードの請求先住所としてお使いいただけます。
*US Unlocked カードは、オパスが提供しているサービスではございません。また、登録などのプロセスは全て英語でのやり取りとなりますので、ご自身でご検討の上、ご利用をご検討下さい。 英語での登録などご心配の方で、安心してお買い物をされたい場合は、オパスの『お買い物代行サービス』のご利用をお勧めいたします。

 

個人輸入や海外通販というと、まだその安全性に心配される方も多いかもしれません。クレジットカードによっては、海外からの不明なアクセスを拒否するサービスがついたカードもあるようなので、海外通販でクレジットカードをご利用になる場合は、そのあたりも事前に調べておくと良いかもしれませんね。

会員登録ボタン

ログインボタン

 

参照サイト:

セキュリティコードとは!?クレジットカードのネット決済を安全に!

 

 

コメントする