個人輸入代行(買い物代行)と転送サービスの違い

 

「個人輸入」という言葉はご存知でしたか?「輸入」と聞くと、何か難しいような印象を受けますが、その定義は「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」とされています。

今回のブログでは、個人輸入初心者の方、もう少し個人輸入や転送サービスの知識を得たい方、そして自分だけでは難しそうだけど海外通販はしてみたいし個人輸入代行についてもっと知りたい!という方向けの内容となっています。

 

商品転送サービスを利用する利点とは?

アメリカのオンラインショップの中には、実は海外発送を行っていない、つまりアメリカ国内の住所にしか商品を発送しないお店が少なくありません。また、カナダやヨーロッパの国には発送しても、日本にはまだ商品を発送しない店舗もあります。

英語を理解しながら商品検索でやっと海外通販で欲しい品を見つけたのに、そのショップが日本には発送しないとなると、本当に残念ですよね。

自分の代わりに商品を受け取り、日本まで送ってくれる家族や友達がアメリカに住んでいたらいいのに!と思われた方もきっといるでしょう。

そんな時に商品転送サービスを利用すれば、アメリカから欲しい商品を入手できます。利用方法は以下のとおりです。

1.ご自身でアメリカ店舗の商品をオンラインで注文し、転送サービス業者から得たアメリカの住所を商品の発送先として利用する。

2.転送サービス業者が荷物を受け取り、皆さんにEメールで連絡する。

3.転送サービス業者のウエッブサイトで商品発送の指示を出せば、日本のご自宅や他国に向けて商品が発送される。

この方法なら、アメリカ国内発送しか行っていないショップであっても、問題なく注文できますよね。

更に良いことには、複数の店舗から購入した商品をまとめて一括で日本へ発送することもできます。そうすることで、国際送料がグンとお得になります。

アメリカ店舗から転送サービス業者へのアメリカ国内送料がかかる場合もありますが、アメリカのオンラインショップでは、ある金額以上を購入すると、米国内配送料が無料になる場合が多くあります。

また、店舗によっては期間限定で送料無料キャンペーンが行われていたり、Eメールを登録すると送料無料のクーポンが使えるようになるなど、アメリカ国内の送料を節約する方法はたくさんあります。

日本に発送される前に、お荷物検品サービスを利用すれば、日本へ発送される前に、商品の内容を確認することもできます。

個人輸入の響きは難しいですが、転送サービス業者ををうまく利用すれば、アメリカから賢い買い物ができるのです。

 

個人輸入とそのルールについて

日本国内でのオンラインショッピングと違い、商品が国境を超える際には、いろいろな取り決めがあります。

 

【関税について】

商品が海外から日本に入ってくる際、関税がかかることがあります。関税の税率は、購入した商品の種類とその金額によって異なりますが、個人輸入に限っては、購入金額の60%に対して計算されます。

そして、関税に消費税・地方消費税が加算され、皆さんが最終的に支払う輸入税が決定されます。

<h3>【輸入量の制限、輸入禁止商品について】

商品によっては1回の輸入量に制限があったり、海外ではOKでも日本には一切輸入できない商品もあります。

詳細:

医薬品・化粧品等の個人輸入について ー 税関

輸出入禁止・規制品目 ー 税関

購入した商品が日本に到着した際に、予期していなかった事態を避けるためにも、税関の個人輸入通関手続きを事前に調べておいたり、利用を予定している商品転送サービス業者に相談したりすることをお勧めします。

オパスはオレゴン州に所在する転送サービス業者です。もし購入前に商品の輸入について確認したい場合は、いつでもお客様窓口に日本語でご連絡ください。Eメールと電話の両方で対応しています。

 

個人輸入代行(買い物代行)と転送サービスの違い

それでは更に詳しい内容説明として、商品転送サービスと個人輸入代行サービスの違いについてお話しましょう。似たような言葉ですが、サービスの内容が違うので、自分に合う方をご活用ください。

 

個人輸入代行(お買い物代行)サービスとは?

まずは、自分でアメリカ店舗のウェブサイトから欲しい商品を探します。

個人輸入代行業者に。自分の欲しい商品のURLを伝えて注文を依頼します。自分では注文をしません。

業者は皆さんにかわってアメリカのショップに注文を行い、最終的に商品が皆さんのご自宅へ届けられるよう手配します。

商品が直接アメリカのショップから日本へ発送される場合と、アメリカにある輸入代行業者が一旦受け取り、日本へ発送する場合とあります。お買い物代行と呼ばれることもあります。

個人輸入代行(お買い物代行)サービスは、以下のような方に向いています。

  • 注文時の英語に不安がある方
  • アメリカの店舗に自分のクレジットカード情報を提供したくない方
  • 店舗が日本発行のクレジットカードを受け付けてくれなかった方
  • 手数料を払ってすべて業者に任せ、何も心配せずに安心して商品を受け取りたい方

商品転送サービスご利用に向いている方

商品転送サービスは、以下のような方に向いています。

  • 複数の店舗から商品を購入する予定があり、それらをまとめて日本まで送ってほしい方
  • 自分で直接注文はできるが、ショップから日本への送料がとても高いので送料を節約したい方
  • 商品が日本に発送される前に、アメリカ国内の転送サービス業者に内容を確認してほしい方

いかがでしょうか? 今回は商品転送サービスについてや個人輸入代行(買い物代行サービスの詳細やその違いをお伝えしました。

ご自身のニーズに合ったサービスを利用すれば、アメリカから欲しい商品を手に入れられる個人輸入も簡単にできます。また、転送サービス業者でありお買い物代行もしているオパスに任せれば、日本語対応しておりますので安心です。

この機会に、ぜひ無料で会員登録し、早速ショッピングを楽しみましょう!

コメントする