個人輸入代行(買い物代行)と転送サービスの違い

アメリカのオンラインショップを利用したいと考えている方のために、商品転送サービスと個人輸入代行サービスの違いについてお話しましょう。

個人輸入代行(お買い物代行)サービス

個人輸入代行業者に自分のほしい商品を伝えて注文を依頼します。

業者は皆さんにかわってアメリカのショップに注文を行い、最終的に商品が皆さんのご自宅へ届けられるよう手配します。商品が直接ショップから日本へ発送される場合と、その業者が一旦受け取り日本へ発送する場合とあるようです。お買い物代行とも呼ばれることがあります。

個人輸入代行サービスは、以下のような方に向いています。

  • 注文時の英語に不安がある方
  • アメリカのショップに自分のクレジットカード情報を提供したくない方
  • ショップが日本発行のクレジットカードを受け付けてくれなかった方
  • 手数料を払ってもすべて業者に任せて商品を受け取りたい方

商品転送サービス

rule-resized-600
商品転送サービスでは、皆さん自身がオンラインショッピングをして購入した商品を、一旦、アメリカ国内にある商品転送業者に届けます。そして、その転送業者が皆さんの商品を日本のご自宅までお届けする手配を行います。

商品転送サービスは、以下のような方に向いています。

  • 複数の店舗から商品を購入する予定があり、それらをまとめて日本まで送ってほしい方
  • 自分で直接注文はできるが、ショップから日本への送料がとても高いので送料を節約したいと思っている方
  • 商品が日本に発送される前に、内容を確認してほしい方

いかがでしょうか? 今回は「個人輸入代行(買い物代行)」と「商品転送サービス」の違いをお伝えしました。

さあ、アメリカのオンラインショップでほしい商品を見つけたら、オパスに登録し、ご自分にあった方法でその商品を手に入れましょう!

オパスホームページ:www.my.opas.com

コメントする