商品転送サービスとアメリカ国内消費税について

日本で商品を購入すると5%の消費税がかかります。それと同様にアメリカにも消費税があり、その%は州によって異なります。たとえば、ニューヨーク州は4%、フロリダ州は6%、カリフォルニア州は7.25%、オレゴン州は0%、という風に、住んでいる州によって大きく異なります。さてこのことが商品転送サービスとどのような関係があるのでしょうか?
前にも述べたとおり、商品転送サービスを利用する場合、皆さんが注文された商品は、一旦転送会社へ配達されます。その転送会社がどの州に所在しているかにより、商品購入時に請求される消費税額が決定されるのです。

tax-free-shopping>例えば、500ドルのバッグを購入する場合で比べてみましょう。

【利用する転送代行業者がカリフォルニア州にある場合】
商品価格   500ドル
消費税   36.25ドル
支払合計 536.25ドル

【利用する転送代行業者がオレゴン州にある場合】
商品価格 500ドル
消費税    0ドル
支払合計 500ドル

結果を見ていただいておわかりのとおり、商品注文時の発送先住所(=転送代行業者の住所)が消費税のかからない州に所在しているという事実が、皆さんのショッピングコストを大きく節約してくれることになるのです。

オパスはオレゴン州に所在していますから、オパスの商品転送サービスを利用して商品を購入されると、アメリカ国内の消費税が一切かかりません。同じ転送代行業者を利用するなら、せっかくですから消費税分を節約して、より安くほしい商品を 手に入れましょう!

オパスホームページ:www.my.opas.com

コメントする