世界中のオパス会員が国際送料を節約している方法は?

ご好評いただいております紹介ボーナスプログラム「オパスフレンド」ですが、世界中にいるオパス会員がどのようにオパスフレンドを増やして、ボーナスを受け取っているかご紹介したいと思います。

ヘレンの場合(香港)
私は自分の国で発売されていないブランド物のバッグを、オパスのサービスを通じていち早くアメリカから購入しました。それを見た私の友達がとても興味を持ったようだったので、オパスのサービスを説明し、招待状メールを送りました。その友達は、その招待状を通じてオパス会員となり、私と同じようにアメリカからバッグを購入しました。
翌月、私は5.02ドルのボーナスを受け取り、私の友達も初回ボーナスを受け取りました。

リチャードの場合(オーストラリア)
僕は自分がアメリカからどのようにして靴を購入したかをある日のブログに書いて、そこにオパスフレンドのリンクを貼り付けておきました。僕のブログ読者は、その記事を読み「そんな方法があったのか」と感心し、そのリンクを通じてオパス会員になりました。靴だけでなく、アウトドアグッズ、衣類など、とても安く購入できる ことに驚いて、いろいろな商品を購入し、まとめ発送をオパスに依頼をしました。
それからというもの、僕は毎月オパスから約20ドルのボーナスを受け取るようになり、アメリカからのショッピングをこれまで以上に楽しんでいます。

健二の場合(日本)
私は貿易関係のビジネスを経営する傍ら、個人輸入に関するサポートも行っています。そんな中、オパスの「オパスフレンド」プログラムのことを知り、自身のビジネスサイトに「オパスフレンド」のリンクを設置しました。
私のサイトを見た人達は、手順に従いオパス会員となり、初めての個人輸入に挑戦し、靴や衣類などいろいろな商品をアメリカから購入できた、ことを報告してくれていました。
翌月、私はオパスから39.66ドルのボーナスを受けとりましたので、私の顧客用の国際送料にあてることで、経費が削減できそうです。

カリドの場合(アラブ首長国連邦)
僕はオパスのサービスを利用して、ラップトップをアメリカから購入しました。職場にそのラップトップを持っていったところ、同僚も同じラップトップがほしいと言い出したので、同僚達にどのようにしてそのラップトップを購入したのか説明し、「オパスフレンド」の招待状を送りました。その内の一人がオパス会員になり、僕と同じようにアメリカからラップトップを購入しました。翌月、僕はオパスから20.33ドルのボーナスを受け取り、同僚もボーナスを受け取りました。

アバの場合(南アフリカ)
私は娘のために、オパスのサービスを利用して、子供服をアメリカから購入しました。友達夫婦が家に遊びに来た際、娘の服をとても気に入って褒めてくれました。そこで私はどのようにして子供服を購入したかを説明し、そういえば、「オパスフレンド」プログラムを通じて入会すれば、入会費が無料になることを思いだし、友達夫婦に招待状を送っておきました。
翌月、オパスから5.22ドルのボーナスが私のアカウントに還元されたというEメールメッセージを受け取りびっくりしました。後になって、その友達夫婦がオパスの会員になって、オパスのサービスを楽しんでいることを知りました。

アレックスの場合(ロシア) 
僕は、自分のビジネスのために、定期的にアメリカから物資を輸入していて、国際送料をどうしたら節約できるのかということにいつも頭を悩ませていました。そこで、オパスフレンドのリンクを自分のフェースブックにのせて試してみようと思いました。僕はオパスのサービスを何年も利用しているので、他の人にオパスのサービスを勧めることには何の問題をありませんでした。その後、僕のフェースブックのリンクを通じてオパス会員になった人達が、アメリカからのショッピングに興味を持ち、オパスのサービスを利用したようです。翌月、僕は$25.02のボーナスを受け取り、その月の国際送料に当てました。上手く行きました!

ハンナの場合(ノルウェイ)
私は私のグループのメンバーのために、毎月サプリメントをアメリカから輸入するお手伝いをしています。もともとそのサプリメント会社から紹介されてオパスを利用し始めて、もう何年も利用しています。新しいメンバーが私のグループに加わるたびに、そのメンバーにオパスの招待状を送って、そこからオパスに入会するように教え、その後どのように商品が手元に届くのか説明します。毎月、グループのメンバーが利用した送料に基づいて、ボーナスが私のアカウントに還元されるので、私自身用のサプリメントの国際送料はほぼそのボーナスでまかなえています。

いかがですか?

参加方法の詳細はこちらをクリックしてください。

皆さんも、世界中のオパス会員のように、ボーナスを貯めて、国際送料を節約して、個人輸入をもっと楽しみませんか?

オパス

コメントする