バックトゥスクールセールとは?

 

新学年開始の夏の学生用品セール期間は一般人にもお得!

 

アメリカでは、今回紹介するバックトゥスクールセールとレイバー・デー セールというのが、8月、9月の夏の時期のバーゲンセールとして大きく宣伝されます。

時期としては重なるのですが、セールの商品や意味が異なります。レイバー・デーセールについては、レイバー・デー セールをお見逃しなくにも詳細はありますが、9月第一月曜日のレイバー・デーのかかる週末に向けて、夏の商品お安くなるバーゲンセールです。

バックトゥスクールセール(Backto school Sale)とは、秋の子供の新学期向けに、学用品やアパレル、靴など広い範囲でお買い得となる特売セール期間です。アメリカでは日本と違い、8月の終わりから9月の始めが新学年開始の時期なので、このようなセールが行われるのは親にとっては大変有難いですね。

学用品と言うと主に文房具やバックパック、アパレルなどの服や靴など広い範囲でセール対象品となるので、学生でなくても多くの人にが恩恵を受けられるバーゲンセール期間となっています。

大学生向けのバーゲンセールとしても考えられているので、パソコンやPCなどもお買い得商品に含まれ、寮生活が始まる学生も多いため、電化製品もセール品の目玉商品に入っています。となると、セールの対象者は子供や学生のみでなく、一般人にも当てはまりますね。

となると、セールの対象者は子供や学生のみでなく、一般人にも当てはまりますね。

バックトゥスクールセールは、早いと7月から始まり、9月の中旬頃まで開催しています。そして、セール期間の後半となると、商品によっては50%~70%の割引となって売り出されるので、とってもお得となります。

バックトゥスクールセールでお買い得なアメリカ7店舗

 

多くの小売店、量販店でバックトゥスクールセールは催されますが、以下アメリカの7店舗でのバーゲンは、お得感いっぱいでお勧めです!

Target store logoTarget(ターゲット)

言わずと知れたTarget(ターゲット)。アメリカ50州全てに店舗があり、価格は普段からとてもお手頃!更には何でも揃う大型スーパーなので、旅行でアメリカに来た人は、一度は訪れたことがあるかもしれませんね。

バックトゥスクールセールももちろん大々的に開催しています。新学期開始に合わせて、取り合えず色々と買い揃えたい人は、ターゲットで多くの商品を購入します。

何と3,000以上の学用品、文房具、オフィスで使う事務用品がセール品としてお安くなっています!

 

Walmart logoWalmart(ウォルマート)

Walmart(ウォルマート)もターゲットと同じ巨大スーパー。ライバル同士ですね。ウォルマートのバックトゥスクールセール目玉品としては、ラップトップ、ワイヤレス・イヤーポッド、タブレット、スマートウオッチなど最新の電気製品から、ランチボックスや文房具などの学用品もディスカウントされています。

 

Best Buy logoBest Buy(ベスト・バイ)

アメリカで家電を買う!となると、真っ先に思いつくのがおなじみ世界最大の家電量販店、Best Buy(ベスト・バイ)。とにかく電気に繋げるものは何でもあるという具合に、パソコン、スマホ、ヘッドホン、テレビ、キッチン家電などの最新電化製品から、少々型落ちしたお手頃価格の製品まで揃っています。

ベスト・バイは、1年の中でバックトゥスクールセールは大きなイベントの一つととらえているため、家電商品の買い替えを考えている方は、確実にチェックしましょう!

また、ソフトウェアのサブスクリプションも日本で購入するよりお安くなっています。オンラインのサイト作りも分かりやすく、自分が欲しい製品が必ず簡単に見つかりますよ!

 

staples logoSTAPLES(ステイプルズ)

日本の文房具は世界に誇れる高品質レベルであるのは確かですが、アメリカには便利なオフィス製品が揃っています。特に、パソコンを置くための高さ調整可能なデスクライザーなどは、価格も経済的です。

ラップトップを入れるバックやケースは、日本よりも品揃えが豊富でお手頃価格の商品ばかりなので、自分の用途に合わせて選べること間違いなし!

今ならEメールをオンラインショップサイトに登録すると、$15オフのクーポンが貰えるので、更にお得感満載です。

 

Office Depot Office Max logoOffice Depot(オフィス・デポ)、OfficeMax(オフィス・マックス)

以前、Office Depot(オフィス・デポ)とOfficeMax(オフィス・マックス)は別会社でしたが、現在ではオフィス・マックスがオフィス・デポ傘下となり、一つの会社となっています。

ステイプルズ同様にアメリカで数多くの学用品、文房具、事務用品が必要となったら、オフィス・デポを思い浮かべる人が多いでしょう。

バックトゥスクールセールは、オフィス・デポにとって一年で一番売り上げが伸びる時期のため、キャンペーン期間中のセール価格やクーポン配布は半端ないです。30~40%オフは当たり前。”Deals(ディールズ)”とあるカテゴリーを選ぶと、小売価格から50%以上値段が下がっている商品が並べられています。

子供や学生の学年によっても売れ筋商品がカテゴリー分けされているので、必要な商品も見つけやすいです。

今ならオンラインショップにEメールを登録するだけで、20%のクーポンが獲得できます。

 

Nordstrom logoNordstrom (ノードストローム)

Nordstrom (ノードストローム)は、アメリカでも有数な高級百貨店。数多くのブランド品を扱っており、マイケルコース、コーチ、カルバンクラインと有名でおしゃれな商品を取り揃えています。

年齢層別、ブランド別にカテゴリーも分けられ、子供からティーン、また大学生などにちょっと綺麗目な服や靴、バックなどはいかがでしょうか。高級デパートと言ってもセール品は600品以上に渡ります!

 

Zappos logoZappos.com(ザッポス・ドットコム)

靴をメインとしながらも、数多くの服も揃えているアパレル関連オンライン小売店です。アマゾンがどうしても欲しかった企業という事で、2009年以降はアマゾン傘下に入っています。

それでもオンラインストアは独立経営のまま運営されており、とても見ごたえのある品揃えです。ショップにしてもThe North Face(ザ・ノース・ェイス)やコンバース、アディダスなどの有名人気ブランドが、ディスカウント価格でバックトゥスクールセールにお目見えです。

 

7月の終わりから、長いと9月まで開催されているアメリカのバックトゥスクールセール。レイバー・デー セールよりも長期で開催されています。新学年開始の時期ということもあり、夏のセールの代表だけでなく、各店一年の中でも大きいディスカウントを施して、キャンペーンを押し出しています。

夏場は、皆さんバケーションに出かけられる場合が多いからか、オパスの転送サービス業もゆっくりとしたスケジュールになっています。ですので、お客様への対応もより迅速に行えます。個人輸入に関するちょっとした疑問や質問にもお答えしていますので、『お客様窓口』までお気軽にご連絡ください。

 

コメントする