実重量と容積重量について

運送業界の基準により、国際送料には実重量と容積重量のどちらか重いほうが適用されます。

box-resized-600実重量・・・はかりにのせて量った重量
容積重量・・・箱の大きさから割り出された重量

容積重量の計算式
単位がインチとポンドの場合: 縦x横x高さ÷139=?ポンド
単位がセンチとキロの場合: 縦x横x高さ÷5000=?キロ

<例>
箱のサイズが10x15x20インチで重さが5ポンドの箱を送りたい場合
実重量:5ポンド
容積重量:22ポンド (10x15x20÷139)

送料表の22ポンドの送料が適用されます。

つまり、実際の重さが軽くても、かさ高い商品は、送料が思ったよりも高くかかることがあります。
かばん、靴(特にブーツ類)、服などは容積重量が適用になる可能性が高い商品ですね。

オパスでは、お客様が日本で心待ちにされている商品を再梱包する際、輸送中の破損などが起きないよう注意を払うことはもちろんのこと、できるだけ送料がお安くなるような梱包をいつも心がけております。

この機会にオパスと個人輸入を始めてみませんか?

オパスホームページ:www.my.opas.com

コメントする